【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

少し前まで手術をすることで視力を回復させることが出来る安全な方法は確立していませんでしたが、今ではそれが出来るのです。
しかも安全性も年々高まったきており、日本全国多くのクリニックで安心してレーシック手術を受けることが出来ます。レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。

 

インギングの案内
http://www.luxrous.jp/html/company.html?code=Luxrous
インギングの詳細



【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:16-8-17

皆様は、
映画を見る時、売店でポップコーンやコーラを買ったりしていませんか?
テレビを見ている時、スナック菓子をつまんだりしていませんか?
読書をする時や長電話をする時、ジュースを飲んだり、
スナック菓子を食べたりしていませんか?

何かをしながら食べる「ながら食い」は、
ダイエットにとっては天敵なんですよ!

そもそも食事というのは、
エネルギーを補充するためにとるものですが、
エネルギーが足りているかどうかを判断するのは
腹ではなく、脳なんですよね。

もちろん、
腹の膨らみ具合も脳の判断基準のひとつではありますが、
脳はそれ以外にも、
目で見たもの、鼻で匂いをかいだもの、舌や歯で味わったものから、
満腹感や食事による快楽を得ます。

テレビや映画を見ながらとか、何かをしながらの食事だと、
腹は膨らんでも
目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、
脳が感じる満腹感が半減してしまうことになります。

同じ量を食べても脳が満足してくれず、
すぐに腹がすいてしまうという…
ダイエット的には最悪な結果になってしまいます。

逆に言えば、
食事の時は食事だけをするようにして、
しっかりと時間をかけて味わうようにすれば、
脳が感じる満腹感もアップして、
間食したいという欲求も沸きにくくなることになります。

もちろん、いくら食事に集中するといっても、
会話をしてはいけないということではありません。

みんなで楽しく食事をするのは大切なことですよね。
食事に集中するというよりは、
「食事をちゃんと楽しむ」ようにするということですね。

食事をちゃんと楽しんで、ダイエットを成功させましょう!